「検定」、「実験計画法」を制する者はQC検定(品質管理検定)2級試験を制す!?残り1カ月QC検定試験の必勝法です!

2011年08月01日

音声+イメージ化で記憶の定着化を図り、QC検定(品質管理検定)試験に楽々合格する。

QC検定試験の効果的な勉強方法を紹介します。

それは、目だけでなく、耳からインプットした情報をも活用することです。
これをサポートしてくれるものが「動画講座」です。

音声情報をただ聞き流しているだけでは、効果が薄いと思われますので、スキマ時間を利用して、繰り返し何度も聞ければいいと思いますが、しかし、時間の制約上そうもいかない方にオススメな集中してきくためにはどんな工夫は?

音声の内容を意識的にイメージ化することです。

音声のみでインプットしているということは、視覚的な情報は欠落しているということです。
そこで、音声の内容を意識的にイメージ化することです。

すごく単純にたとえると、こういうことです。
音声情報では
「目の前に、赤いバラが一輪あります」
この音声通り、赤いバラをイメージします。
すると、単なる音声情報が視覚情報として残ります。
このことは、記憶の定着化を促します。

つまり、音声情報からその説明しているスライドテキストをイメージできるようになれば、参考書を試験会場に持っていったことになり、QC検定試験合格の可能性が大きくなります。

私もこのようなトレーニングを積んで、昨年中小企業診断士の1次試験に合格しました。

記憶の定着化を図るために、動画講座を是非活用してください。動画講座の対象は、2級、3級を受験する方です。





山田ジョージ at 09:10│ QC検定2級 | QC検定3級
「検定」、「実験計画法」を制する者はQC検定(品質管理検定)2級試験を制す!?残り1カ月QC検定試験の必勝法です!