QC検定(品質管理検定)2級実践分野の問題紹介です。QC検定(品質管理検定)で勉強した知識を実生活に生かす。

2011年07月07日

人生をお得に生き抜くためにQC検定(品質管理検定)で得た知識を活かす!

昨日NHKの「ためしてガッテン」で放映された「数字トリック見破り術」を見られましたか?

QC検定を通じて統計を勉強されている知識を、実際に活かすことができる身近な内容であったと思います。

放映された内容は下記の4つで、詳しくはサイトをご覧ください。

・「現金4割引き」のお店と、「5割分の商品券を還元」、という店はどちらが得でしょうか?
・全米騒然!モンティ・ホール問題
・がん検診に潜むワナ
・広告・宣伝の数字のトリック
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110706.html


ここで、みなさんに問題です。

「あるコンビニA社は、50人に1人の割合で、購入した物が無料となるキャンペーンを展開しています。一方ライバルのB社は、購入料金の10%引きのキャンペーンを開始しました。
あなたは、どちらのコンビニを利用するのが得になると考えますか?」


解説は後日いたしますので、日頃勉強している頭を休める意味も踏まえて、上記の問題を考えて見てください。

折角、QC検定で“統計”の勉強をされているのですから、業務には生かせなくても、実際の生活にも結び付けたいものです。



山田ジョージ at 08:07│ 基本統計量 
QC検定(品質管理検定)2級実践分野の問題紹介です。QC検定(品質管理検定)で勉強した知識を実生活に生かす。