QC検定(品質管理検定)で勉強した知識を実生活に生かす。範囲が広くなったQC検定(品質管理検定)1級の対応

2011年07月11日

9月のQC検定(品質管理検定)試験は?

このQC検定試験の合格基準は概ね70%以上となっており、ボーダーラインがはっきりとしていません。その実態は合格率を基準としている可能性が大きいと思われます。

その理由は、
新たな基準で運用されている2008年から各級の合格率が同じ様な水準で推移しているからです。
1級:約15%、2級:50%、3級:67%です。

受験された人より下記の情報もいただきました。
・2級受験者で自己採点で70%をとっていなくても合格している。
・70%以上とっていても1級では不合格となった受験者がいる。

今度の9月のQC検定試験は、平均点が上がるのではないでしょうか。

一般的は、勉強の時間に比例して、その理解度も高まり、試験に有利だと思います。よって3月のQC検定試験を目指して、勉強してきた受験生は、9月に初めて受験する人に比べ、勉強している時間も多くなるので、知識の定着度合いも高いと思います。
そのために、各級の平均点も高まると予想します。
2級eラーニングの受講者は70%以上の点数をとってくるものと確信しています。

2級試験では、平均点で合格していますので、この平均点が3月の受験生の横すべり受験で上昇しますので、初受験者は、70%以上をとらないと合格できない恐れがあります。

下記のような人にお勧めな「鉄板勉強法」です。

・初受験者で手法分野に不安がある方
・検定、実験計画法を苦手のしている方

2級QC検定eラーニング+2級QC検定動画





山田ジョージ at 08:13│ QC検定試験全般 
QC検定(品質管理検定)で勉強した知識を実生活に生かす。範囲が広くなったQC検定(品質管理検定)1級の対応