2011年01月26日

「よい問題を続けることが難しい」とQC検定委員長のコメントからの受検対策とは!

10万人突破記念講演会でQC検定委員長がQC検定の社会的責任とQC人材の育成と題して発表されています。
その最後の項目「おわりに」で
今後の課題として
“よい問題を続けて出題することが難しい”とあります。
(QC検定合格者10万人突破記念講演会の資料P14から)

さらに、資料のP42の2級の試験結果と講評では
「今回の2級の手法分野の問題は良問がそろっている」とはっきりと記述してあります。

言い換えれば
「9月の手法分野は良い問題であったので、今後もこのような問題が出題される」
と予想されます。

以上のことをふまえると、今回初めて
2級を受験する方の有効な受検対策は

・9月の2級の試験問題を知る。
過去問題で学ぶQC検定2級 2010 
(著作権の関係でここからしか入手できません。)

・過去問題の攻略
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2021173.html

http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1977139.html

・70点で合格するコツを掴む。
限られた時間の中での試験対策は「何を捨てるのか」「どの項目で点数をとりこぼさない」等、いわゆる、戦略を立てて勉強することが合格のカギを握ると思います。その戦略の材料となるものは、過去の問題で検証してみることです。

http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1939470.html

・サポート体制の充実している2級eラーニングで勉強する。





山田ジョージ at 08:40│ QC検定2級