2011年01月19日

QC検定1級試験のOR分野で「線形計画法」が出題される!?

昨年の9月1級試験では、「在庫管理」「経済性分析」などが出題され、出題範囲が広くなった?感が強まりました。

1級のレベル表では品質管理の手法分野で「在庫管理」「経済性分析」の語句が見つけることはできませんでしたので、従来のQC+広義のQC(?)までも勉強しないと、合格が難しい傾向となってきました。

何故なら、1級試験は成績上位者から、15%前後選ばれる選抜的要素が強い特徴があります。他の級の試験では合格ボーダーラインがありますので、競争相手は自分自身ですが、これに加えて1級では他受験生がライバルとなります。

従って、合格水準である70点をクリアーしながら、他受験生より1点でも余計に点数をとらないと合格できないという訳です。

これまで、検定、実験計画法などから出題されていますが、出題尽くした感が否めませんので、さらに新たな項目が出題されると1級試験を大胆に予想してみました。

それは、品質管理周辺の基礎知識(1級レベル表) から
出題分野例OR

 線形計画法」   です。

線形計画法を使って、2種類の製品の最適生産の組み合わせを求めることです。(下記イメージ図)
線形計画









線形計画法はそんなに難しくないので、1級受験する人は一度確認しておかれた方が良いと思われます。

下記から申し込むことができます。

「線形計画法」レポートの無料配布

このサイトに訪問していただいている読者の方への特典です。
下記のバナー広告のサイトへ資料を請求(無料)された方には、



請求されたバナーサイト会社名と資料名を下記まで連絡ください。
折り返しPDF添付ファイルとして返信します。
お名前と、お住まいも明記ください。
連絡アドレス:korosuke199907@yahoo.co.jp




山田ジョージ at 08:21│ QC検定1級 | 予想問題集