2011年01月18日

過去問題はいつやるのか?

「敵(QC検定試験)を知り、己を知る」

3月にQC検定試験を受験するみなさん、基礎知識を一通り勉強してから、試験直近の最後に過去問題をやろうとしていませんか?

過去問題は、今すぐやるべきです。何故なら、QC検定試験に合格するには、先ずは敵(QC検定試験)を知る必要があります。敵(QC検定試験)の実態が解らないと、勝つための対策の立てようがありません。

QCストーリーでの「現状把握」のフェーズです。敵の実力と自分の実力との差を認識することがスタートです。

社会人のみなさんは、日々の仕事を持っていながら、新たに試験にチャレンジしているのですから、自ずと勉強する時間が限られてきます。現状を正しく把握することが不可欠です。

過去問は直近の問題から。

過去問題で学ぶQC検定2級 2010

過去問題で学ぶQC検定3級 2010

【過去問をやるポイント】
過去問題をやみくもに何回も繰り返し勉強することは、効率的ではありません。合格基準を突破するために、最低限正答しなければならない問題を認識することが大事です。言い換えると、ミスしても合格できることを納得することです。

70点で合格するために正解すべき問題、ミスが許される問題を解説しております。上記問題集と併せて使えば効果的です。

9月2級解説書
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1939470.html

9月3級解説書
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1948488.html







山田ジョージ at 08:26│ QC検定2級 | QC検定3級