試験前日チェックリスト9月の2級試験内容は難しかった!?(Ⅱ)

2010年09月12日

9月の2級試験内容は難しかった!?

先に実施されたQC検定2級問題をざっくりとみますと、前回よりも難易度が高くなった感が強いです。
今回は手法分野について説明します。手法分野では問8まで46問題数出題されました。
問1は最低3問正解できる内容でした。層別と集落の基本的な違いを知っていれば全問正解できましたね。

問4、5、7、8は基本知識で70%以上正解できる内容でした。

しかし、
問3の検定の問題は、いきないり検定統計量を求める内容でした。「Z検定」、「t検定」、「カイの2乗検定」を求める算出式を知っていないと答えれない問題でしたので、難しかったと思います。
2級eラーニングコースの参加の方で、複数の方から2級テキストに記載してあるt検定の算出式の求め方について質問を受けました。今回の問題のように平方和が与えられた時のt検定統計量の求め方でしたから、タイムリーな質問でしたね。

また、
問6の実験計画法の分野からの出題問題でした。今回は二元配置で繰り返しのある分散分析表に基づく問題で、さらに、プーリングと言った語句まで出てきて、受験者は戸惑われた内容だと思います。
ただ、勘のいい人は、プーリングの語句は知らなくても「表6.3の分散分析表」と「6.4の分散分析表」の違いが解ったと思います。
そして、分散分析表を基本的な作り方を理解している方は、設問29、30、31、32の4つは正解できたと思います。

おおざっぱには、前回より平均点(手法分野)が低下したと思われます。よって
主催者サイドが2級の合格率50%と維持するならば、あんまりできなかった受験者も合格できる可能性が高いと思います。
実践分野の難易度で全体の平均点が左右されますので、次回に実践分野の解説をお待ちください。




山田ジョージ at 04:00│ QC検定2級 | 分散分析
試験前日チェックリスト9月の2級試験内容は難しかった!?(Ⅱ)