9月3級試験の平均点>70点(合格基準)!?QC検定「一問一答」形式eラーニング

2010年12月02日

9月のQC検定2級試験手法分野で50%の点数がとれず足切りされたあなたへ

9月2級試験の手法分野で50%満たず、足切りされた3400人の受験者みなさん、3月の受験のためのCheck、Actionは済みましたか?
また、初めて2級を受験する貴方は、足切りされない対策を考えていますか?

ここでのCheck、Actionとは、「正解すべき問題」と「失点が許される問題」とを把握することです。先ずは、9月の2級解説書で確認してみてください。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1939470.html

10万人突破記念会資料に基づき、9月に実施された2級の解析をしますので参考になればとの思いです。

 崋衙(野で得点率が50%に満たなかった受験者は46%となって、前回に比べ11ポイント増加」

→2級は約7400人受験されてますので、約3400人の受験者が足切りされています。やはり2級は手法分野の対策がポイントであることが理解できます。
手法分野に特化したサイト2級eラーニング

◆崋衙(野では、正答率が7割を超えた問題は、【問1】サンプリング、【問8】新QC7つ道具。【問5】相関分析の正答率は6割強、【問7】抜き取り検査は5割強であったが、【問6】実験計画法は3割未満、その他は3割前後の正答率」

→これより、実験計画法、検定などの問題に対して、完璧を狙わず、いかに50〜60%の得点をとれるよう状態にするかが、合格へのカギである。繰り返しになるが、100点をとる必要はないことを認識してほしい。完璧を目指した勉強をしていると、途中で解らないことがあると、挫折する可能性が大きい。あくまでも合格をめざしたドライに徹した勉強が大事である。


「実践分野全体の正答率は7割(前回同様)で得点率が50%に満たなかった受験者は4%」

→このコメントから実践分野は毎回70%の正答率より、難しくない問題が出題されているので、この分野に時間をかけた勉強は効果的なく、また、2級のセミナーや通信教育を受ける際しても手法分野だけで十分であることを考慮すべきである。
手法分野が効果的に勉強できる2級eラーニング

これまで数多くの合格者を輩出しています。その喜びの声を確認してください。
合格者の声の抜粋

2級、3級受験者を対象に手法分野直前セミナーを開催しますので、申し込みは下記よりお願いします。
QC検定直前セミナー






山田ジョージ at 09:01│ 効率的勉強方法 | QC検定2級
9月3級試験の平均点>70点(合格基準)!?QC検定「一問一答」形式eラーニング