QC検定合格者10万人突破記念講演会の配布資料9月のQC検定2級試験手法分野で50%の点数がとれず足切りされたあなたへ

2010年12月01日

9月3級試験の平均点>70点(合格基準)!?

前回に続いて10万人突破記念大会資料中で9月に実施されたQC検定試験の実施概要が主催者サイドのコメントがありましたので、今回は3級について抜粋引用し解説を加えたいと思います。

・手法分野で得点が50%に達しなかった受験生は約10%
約1600人の受験者が足切りされている。
そのような貴方には、手法分野に特化した3級eラーニングがおすすめです。

・実践分野では前回より2ポイント上回った。また前回の正答率は8割以上。
→不合格となった受験者5000人、また、手法分野で得点が50%未満で、足切りされた受験生1600人いることより、約3400人の受験者が、合格ボーダラインに約10点程足りなく不合格となっていると推定される。
何故なら、実践分野80%+手法分野50%の受験生は全体で65%の点数がとれていると考えられるから。
問題数では、後5~6問正解すれば、合格できたと思われるので、来年の3月、少しの努力で合格できるので、あきらめず、頑張っていただきたい。

実践分野は毎回80%の正答率より、難しくない問題が出題されているので、この分野に時間をかけた勉強は効果的なく、また、3級のセミナーや通信教育を受ける際しても手法分野で十分であることを考慮すべきである。
手法分野に特化した3級eラーニング

・全体の正答率70割を超え、低くても5割強である。
→平均点を72点、最低点を52点(3σ)で正規分布すると仮定すると、標準偏差は約6.7となる。
合格率が68%であることより、合格のボーダーラインの点数xは、下記より求めることができる。
(x-72)/6.7=-0.47→x≒69 となる。
*ここでの0.47は標準正規分布表N(0,1)の確率32%の時のKpの値である。

イメージ図(合格ラインの右側の面積が68%)
3級正規分布



山田ジョージ at 08:40│ QC検定3級 
QC検定合格者10万人突破記念講演会の配布資料9月のQC検定2級試験手法分野で50%の点数がとれず足切りされたあなたへ