社会人の勉強はドライに徹することです!!QC検定合格者10万人突破記念講演会の配布資料

2010年11月24日

会社で働く管理職・スタッフは2級は必須!?

品質管理検定の案内ページに「対象となる人材像」が記載されています。

2級の人材像には
・品質に関わる部署の管理職・スタッフとなっています。

すなはち、会社の中で品質管理課・品質保証課等の組織に所属する人が対象となると思います。

このQC検定は日本規格協会と日本科学技術連盟とのいわゆる日本、世界のQCを推進してく団体が主催されています。私の記憶が正しければ、最初は規格協会主体で実施していたが、後から技術連盟が加わったと思いますが。

そんな環境下で、製造部門で働いているみなさんは、特に品質に関わる部署のみなさんはQC検定に合格していないと、昇進・昇給も難しくなってきましたね。過去に現実に読者の方から、QC検定2級を持っていることが、昇進の条件になっているとのコメントもいただいております。

社内的には、品質に関する部署は製造部門を品質面から指導・サポートしなければならない立場であります。
製造部門の人達が、QC検定資格を持っていて、品質部門のみなさんが持っていないと、スムーズに業務を進めることができます?

また、社外的にも、お客さんである取引先から、QC検定資格の有無を要求されるようなケースが増えてきています。

そんなみなさんにチャンスです。QC検定に合格すれば、このQCの業界を代表している2団体が認めてくれるのです。
QC検定2級に合格すれば、昇格、昇進の条件の一つが満たさインセンティブも高まりませんか?

・計算問題が苦手で、会社から2級合格を指示されている辛いあなた。
・2級合格が昇進・昇給の前提条件となっているあなた。
・計算問題の基礎的なことを恥しくて人に聞くことができなかったあなた。

・今までの書籍での勉強に満足できない方。当コースの特徴をまずはご覧になってください。
QC検定2級コース





山田ジョージ at 08:19│ QC検定2級 
社会人の勉強はドライに徹することです!!QC検定合格者10万人突破記念講演会の配布資料