範囲が広くなったQC検定1級対策3級試験が不合格となった貴方へ

2010年11月02日

3級の講師として

9月に受験されたみなさん、試験結果通知書は手元に届きましたか?WEB上で確認されていますが、正式な書面として受けとった合格通知は、新たな嬉しさがわいてくると思います。今回残念にも不合格のだった方は、合格するまでがんばりましょう。

昨日、某県の職業訓練センターで、QC検定3級について非常勤講師として教えることになり、その打ち合わせに行ってきました。
実施時期は来年の3月で、テキストは「3級の品質管理教本」を使用することになりましたので、事前に購入し、内容を確認していました。

3級試験問題では、分散=不偏分散と扱っておりますので、2級を受験しようと思っている方は少し注意が必要です。それは以前、2級eラーニングの受講者のKさんからに「分散」について何回か質問を受けたことがありました。
これまで3級のテキストなどで勉強してきた中では、分散=不偏分散で扱われているために、なかなか理解していただけなかったことです。

具体的には、t検定統計量を求める式の時でした。
t=(試料平均値−母平均値)/(√不偏分散/試料数)から算出されます。
ここで分母を少し変化させて、不偏分散:V、資料数:nとすると
V/n=S/(n−1)*1/n=S/n*1/(n−1)
   =分散/(n−1)

ここでのS/n=分散となることがどうしても理解できないとのことでした。分散=不偏分散と記憶されていたので、分散にはこれしかないとの思い込みがあったのだと思われます。

2級を受験するみなさんは、きっちりと理解された上で勉強されたほうが後々、戸惑うことが少ないと思います。
きっちりと勉強されたい方には
2級eラーニングです。
特徴
・解らないところはメールで2日以内に回答をさしあげています。





山田ジョージ at 08:50│ セミナー | QC検定3級
範囲が広くなったQC検定1級対策3級試験が不合格となった貴方へ