1級の出題範囲は変わったのか?(掘9月のWEB合格発表

2010年09月27日

9月の3級は例年並の難易度!?

9月に実施されました3級の問題をざっくりと見てみますと、例年並の難易度と思いましたが、3級の試験を受験された方は如何だったのでしょうか?

その中でも工夫を凝らしてある問題も出題されました。

問1:データの種類に関する問題
選択肢に、計量値と計数値等の複数の種類の違うデータが混在していました。これまでの出題では見られなかった内容です。受験者の方は戸惑われた方が多かったのではと思います。
水溶液の濃度は%なので、計数値と間違われた方もいたのでは。しっかりと計数値、計量値を判断出来るようにしましょう。

問7:散布図とメディアンに関する問題
一瞬、難しそうな問題でしたが、落ち着いて考えれば、易しい内容の問題でした。みなさんは、あわてず対処できましたか?

問10:XバーR管理図の問題
XバーR管理図の作り方の基本知識を知っていれば、対応できた問題ですが、群の概念、郡内、群間のバラツキなど知ってきちんと理解していない方には、面食らった問題ではなかったでしょうか?

いずれにしましても、3級は合格率68%前後で過去3回推移していますので、平均点をとれなかった受験者にもチャンスがあります。
10月の協会発表を待ってください。

時間の取れない貴方へ
ドライ(効率的に)勉強し合格したい方をサポートしています。
3級eラーニング



山田ジョージ at 18:35│ QC検定3級 
1級の出題範囲は変わったのか?(掘9月のWEB合格発表