9月の2級試験内容は難しかった!?(Ⅱ)1級の出題範囲は変わったのか?(供

2010年09月18日

1級の出題範囲は変わったのか?

9月の1級試験は3月と比較して難易度が高くなりました。特に実践分野は、初めて見た語句など出題されて難しかったと思います。3月の試験では実践分野は易しい内容だったので、高い得点をとった人が、不合格となりました。読者の方でも70点後半の自己採点だったが、不合格だったとのメールをもらっていました。

この試験は概ね70点をとれば合格できるとオープンにされていますので、70%以上点数を獲得している受験生を不合格にすることは、QC検定の信頼性が失われる恐れから、その反動で今回は難しい内容になったのでしょうか。?

今回出題された中で、特徴的な問題についてコメントします。

問7:在庫管理
この問題は、手法分野、実践分野のどの分野に入るのでしょうか?一般的に在庫管理は生産管理の範疇ですが、今回出題されました。私の意識レベルでは品質管理の枠組みの中にはありません。
また、1級のレベル表のどこに該当するのでしょうか?そして、「年間の総費用を最小にするための最適発注量を求める問題」がありましたが、これは微分を使わないと求めれない内容の高度な問題と思いましたが。受験された方はどうだったのでしょうか。

問11:バランストスコアカード
これまでバランス・スコアカードと理解していましたが、バランストスコアカードとも言うらしいです。この語句を初めてみたのは、平成19年度中小企業診断士試験の企業経営の第2問です。経営管理手法の一つのことらしいので、出題されたものと思います。しかし、バランストスコアカードまで勉強していた人は少ないと思いますが。

問12:経済性分析
記憶が不確かですが、15年程前に、TPMのセミナーで経済性工学を受けたことがありました。千住先生のセミナーだった思います。調べるとやはりそうでした。
http://www.ae.keio.ac.jp/lab/ie/inada/EE_Keio.htm

また、千住先生のお子さんの真理子さんはバイオリニストだった記憶していまたが、やはり、これもそうでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E4%BD%8F%E7%9C%9F%E7%90%86%E5%AD%90

そんな訳で、私の意識の中では経済性工学は品質管理の分野に入っていませんので、違和感を感じております。
意思決定会計の分野だと思いますが。

今回の1級は3月と比較すると、実践分野が難しかったので、平均点は低下すると思います。70点とれば上位15%の中に入っているのではないでしょうか。



山田ジョージ at 16:55│ QC検定1級 
9月の2級試験内容は難しかった!?(Ⅱ)1級の出題範囲は変わったのか?(供