1級予想問題集が的中しました。1級の効果的な受検対策とは

2010年03月25日

1級【問2】検定に関する試験問題

今回の1級で【問2】で出題された検定に関する問題は、昨年の3月実施の1級問題と類似した内容でしたね。

今年も検出力を問う内容で、8問出題されましたので、取りこぼしたくない問題です。
特に、「サンプルサイズ」を求める問題は、昨年の3月の1級試験問題と全く同じ内容です。従って、過去問を丁寧に復習された方は【問2】は8割以上点数がとれた内容でした。

試験では不確かな10の知識より、2、3の確かな知識が大事です。なぜなら
試験で問題を見て、「ああどこかで見たことある」「答えはなんだったけ」と、確かな答えが見つからない時は動揺しますよね。これが、全く初めての問題ならば、あきらめもつきますが、見たことのある問題の正解がだせないと、すっきりにしなく、集中力も途切れ、尾を引くからです。
よって過去問はきっちりと復習することが大事です。

1級の試験対策として
「1級は直近の過去問題の完全理解から」のタイトルで過去にもコメントしましたので参考にしてください。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1609292.html

自己採点で、今回1級試験で撃沈された方は、気持ちが冷めない間に、過去問を丁寧に復習してください。
昨年の3月実施の1級過去問を解説している教材はここだけです!?
2009年3月1級解説集




山田ジョージ at 09:47│ 検定・推定 | QC検定1級
1級予想問題集が的中しました。1級の効果的な受検対策とは