昨年の今頃は信頼性工学について

2007年08月20日

今日から会社です。

今日から仕事でした。
久しぶりの会社は、疲れますね。

昨日、不意に息子が東京から帰省しましたので、
焼き鳥屋さんへ行ってきました。

住民運動会が各所所であったため、
ネタが余りありませんでした。

焼き鳥屋で「ねぎま」さえなかったです。
その分ビール3杯、冷酒1本飲んできました。


QC検定1級の勉強は、昨年の記述式問題を
やってみました。

ゞ貍霆萢の必要性、効果?
→実際の顧客が困っている問題であるので、企業としては
 最優先で、その問題の解決する必要がある。
 また、その問題の再発防止策を講じることによって、
 類似苦情防止の水平展開が図られる。

∪在化している顧客の不満足を把握・解析する重要性?
→顧客が何を望んでいるのか等を、把握し、解析することは
 将来の新製品への取り込みや、新たなサービスの質の向上等
 に反映させることができる。

記述式の点数はいったいどのように、
採点されているのでしょうかね。 

今日は5月20日に亡くなった父親の月命日であったので
家族で墓参りにも行ってきました。
なみあむだぶつ。なみあむだぶつ。




山田ジョージ at 18:59│Comments(0)TrackBack(0) QC検定試験全般 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

昨年の今頃は信頼性工学について