新QC7つ道具9月実施のQC検定2級の総括と今後の対応

2009年11月30日

テキストはいらない!!勉強方法とは

このQC検定試験の出題範囲には「実践分野」と「手法分野」の2つから出題されると発表されています。
出題範囲  より
2級の「品質管理の実践」(実践分野)の大項目は下記の通りです。
■品質管理の基本
■管理と改善の進め方
■品質の概念
■プロセス管理と品質保証
■問題解決
■検査及び試験
■標準化

この実践分野の効率的な勉強方法は過去問題集をテキスト代わりとして、繰り返し利用することが効率的です。
超高速勉強法
そのやり方として
,海譴泙任硫甬醋笋鯑手する。
該当箇所に正解を記入する。(選択番号でなく、正解の語句)
テキスト代わりとして、読む。(2〜3回)
こ催箇所の回答を消して、問題を解いてみる。

間違った問題については△ら再度行い、問題文章の中で前後関係から正解とされている適切な語句を理解できるまで繰り返し勉強を行なう。こうすればテキストはいりません。
本試験では選択肢は複数回用いることはないとありますので、最初解らなくても、ある程度の正解の候補を絞ることができます。その絞った中での一番適切な正解を、問題文として意味が通る感覚を上記の勉強方法で掴むことが大事です。
ここで注意が必要なのは、完璧を目指さず、細かい箇所まで深みまで入らないことがポイントです。この試験は概ね70%で合格できると主催者から発表されています。
9月の2級は90問題が出題されました。63問正解すれば合格できます。逆に言えば27問間違ってもいい訳です。

過去問の書籍
QC検定2級過去問(1〜4回)
QC検定2級過去問(5〜6回)
QC検定3級過去問(1〜4回)
QC検定3級過去問(5〜6回)

ここで、上記書籍を購入したくない方は「標準化と品質管理」より過去問を入手する方法もあります。これはある程度の大きな図書館に行けばありますので、コピーしてくればこと足りるでしょう。

手法分野の対策は
新しくweb上で受講できる環境でとなった
eラーニングコース
でばっちりです。

利点
・同時間、同一場所に集まる必要がなく学習できます。
・自分のペースや達成度に応じて学習を進めることができます。
・会社として従業員への教育、管理できる環境となります。



山田ジョージ at 15:09│ ドライ勉強法 
新QC7つ道具9月実施のQC検定2級の総括と今後の対応