2007年08月19日

昨年の今頃は

日本規格協会で「QC検定」たる資格 があると云うことが、解りました。

また、私はこれまで品質管理の職務が長かったものですから 何か資格を持っていたかった。 これが昨年の今頃です。

QC検定のレベルとして、4段階があり、一番難易度の高いのが 1級で合格率17%(?)でした。
QC検定は第2回目であり、歴史の浅い資格です。
 9月3日に1級2級とを併願」受験をしてきました。 久しぶりのペーパーテストと言うことで、 「時間がなかった」が実感でした。
1級の2時間は直ぐに経ちました。
こんない集中したことは、本当に久しぶりでした。

2級は手ごたえはありましたが、1級は自己採点で60点程の出来栄えで 後悔を残しました。
 相関・回帰の問題で、答えが少数1位までのところ、2位まで出してしまったこと。
抜き取り検査の問題で、巻末の付表をみなかったこと いわゆる、ケアレスミスです。 会場は、大阪会場です。電車で4時間かけて、もちろん自費で行ってきました。 結果は予想通り、2級は合格でしたが、1級は不合格でした。 今年は9月9日に試験がありますので、再チャレンジしてきます。



山田ジョージ at 11:24│ QC検定1級