練習問題を飽きるほど繰り返す9月のQC検定試験まで2ヶ月もあります。

2009年06月24日

管理図は必須項目

管理図に関する問題は必ず出題されますので、QC7つ道具の中では、重点に学習してほしい科目です。
3月の3級では管理限界線を求める問題が出題されました。これは限界線を求める式を知っていないと解けない内容でした。このような知識はこれまで2級レベルで問われていましたが、3級にまで降りてきた感が致します。

そこで管理図の問題です。

品質管理で用いる管理図に関する記述として、最も不適切なものはどれか?
。雋浜図は、不適合品(不良品)の数を管理するために用いる。
■バーR管理図は、データの平均値と範囲を用いた管理図
4浜図には、管理限界を表す線が描かれる。
し徇銘佑隆浜図は、一般にデータが正規分布に従うことを仮定している。

この問題は中小企業診断士の2008年に運営管理で出題された問題です。
注意しなければいけないことは、不適切なものを選ぶということです。2級レベルに合致する内容かと思います。

答えは:






山田ジョージ at 17:41│Comments(0)TrackBack(0) QC検定2級 | QC7つ道具

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

練習問題を飽きるほど繰り返す9月のQC検定試験まで2ヶ月もあります。