実験計画法!?管理図は必須項目

2009年06月18日

練習問題を飽きるほど繰り返す

不合格の可能性の高いタイプの人です!!

・参考書を何冊も準備し、ながめているだけの人
・自腹を切らず友人からたくさんもらったと自慢している人
・参考書だけの学習をしている人

過去問を今すぐ解いても大した得点が取れないことを恐れるため、学習の最後の仕上げにやろうとする方が多いのではないでしょうか。大きな誤りだと思いますね。
過去問は実は、最後に解く方が無駄なのです。肝に銘じましょう。解けるわけがないのに、どうして過去問をやる必要があったのか・・・。
それは自分の現在の立ち位置と、自分に何が足りないかを客観的に把握するためにです。いわゆる現状把握というフェーズです。

どんなに参考書だけを一生懸命に解いても、過去問を解かないことには、自分が合格に近づいているのかどうかさえ分かりません。
読者の方で、「品質管理の演習問題と解説」を全てノートに書き写したけれど、3月の2級で不合格になった方がおられます。
これは過去問をやらなくて学習の仕方がまずいと思います。

先ずは過去問をやってみる。
     ↓
分からないところはテキストで調べる。
     ↓
練習問題を飽きるほど繰り返しやる。(1冊決めて)

過去問を解くことは、航海に例えるならば、地図で目的地を確認する行為です。目的地が分からないのに、どうやって目的地に達するのでしょうか?

このような観点でeラーニングコースを実施中です。
要点がまとめてある簡潔なテキスト+練習問題(重要頻出)

計算問題が分からず困っていませんか?
長年の悩みを解決します。
QC検定2級サイト



山田ジョージ at 22:07│Comments(0)TrackBack(0) QC検定試験全般 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

実験計画法!?管理図は必須項目