2008年11月18日

QC検定(品質管理検定)2級の問題例

日本規格協会のホームページに各級の問題例があります。
今度受験される方は一度見ておかれた方が良いと思います。
ここからです。
各級の問題例

QC検定2級の問題例の【問5】では分散の加法性についての
問われています。
2級の問題例

ここでZの標準偏差=0.187とし”イ”と解答された方は
間違っていますよ。すなはち
製品Zの分散=(部品Aの分散ー部品Bの分散)と考えられた
方です。
正解は”ア”の0.240です。
製品Zの分散=(部品Aの分散+部品Bの分散)となります。

規格協会から基準解答が出ていませんので、かなりの方が
”イ”と解答されたのではないでしょうか?
現実に、読者の方で”イ”と思っておられるかたが、結構
いらっしゃいましたので。

初めから、思い違いをしていますと、本番の試験で解答できた
と思いましても、結果的に点数をとることはできません。

このような方に対して丁寧に解説した
QC検定(品質管理検定)2級対策コースを企画しております。
ここから「申し込み・問い合わせ」ができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級対策コース

また、QC検定(品質管理検定)2級の試験範囲である
「品質管理の手法」の対策サイトを立ち上げました。
ここから「問い合わせ・申し込み」ができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級受験対策サイト




山田ジョージ at 08:59│Comments(0)TrackBack(0)QC検定2級 | 分散の加法性

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。