2017年09月29日

2017年9月2級試験(実践分野:問8~問16)

今回は2017年の9月に実施された2級試験実践分野(問8~問16)について解説します。
この分野からは49問出題されました。
手法分野では48問だったので、合計97問題数となり、
合格基準が70%以上であるので、97*0.7=67.9となってしまい、分かりやすさと透明性からも、何故100問にしないのかと思う次第です。

また、実際の試験場では、まず実践分野から手掛けていくことを薦めます。その実践分野の中でも、秒殺的に解答できる、○、×問題から取り掛かることがベストかと。
具体的には
問11、15、16です。
その理由は、QCの知識がなくても、文章的に不自然と判断できるものがあるからです。以下その設問です。

×になる例として、
問15の,任蓮嵒ず~なくてはならい。」のような断定的な文章

○になる例として
問15のイ任蓮~場合がある」といったように、広義に記述されている文章

さらに、
問8は「検査」からの出題で
設問NO50は後の語句から正解は判断可能だったかと。”契約”が正解に選ばられる語句とは、違和感を感じましたね。

問13は標準からで5問
選択肢は複数回用いてもよいとなっていたので注意が必要でした。

問16
「三方よし」「企業は社会の公器」などの語句は参考程度でok。

今回の実践分野の難易度は、基本知識を取得していれば、合格基準をクリアーできた内容だったかと思います。社会人の方は、合格にこだわった受験対策で合格を勝ち取ってください。



山田ジョージ at 05:52|Permalink QC検定2級 

2017年09月06日

2017年9月2級試験(手法編)

今回は2017年の9月に実施された2級試験手法分野について解説します。
この分野からは48問出題されました。

問1は確率分布からの出題
‘鷙猜布、▲櫂▲愁麒布からの出題でした。初見の問題でしたが、与えられた数値を代入すれば、答えが算出できる問題でした。は正規分布からの出題で、巻末の正規分布表を使用するといったおきまりの内容でした。よって7問全問正解すべき内容でした。
二項分布、ポアソン分布については、同じような問題を、2級セミナーでやりましたのでセミナーに参加された皆さんは違和感なく取り組めたと思っています。
もちろん、正規分布表から面積(確率)を求める問題もやっております。
2級セミナーとは、8月19日20日に行ったセミナーを指しています。

問2は計数値の管理図からの出題
np管理図は初見の問題でした。
np管理図のUCL、LCLの求める式まで勉強していた人は少ないのでは?
受験テクニックとしては
CLがnpバーが解れば、数値を代入すると、選択肢ケ、コが該当しないことが判明するので
ウとエが選ぶことができたものですが、いかんせん、試験場の独特の雰囲気では難しかった?
3問正解できれば良しとしましょう。
合格には影響のない問題か思う次第です。

問3はサンプリングから9問の出題
い僚戸逎汽鵐廛螢鵐阿瞭団А壁分母集団内のばらつきは大きく)は過去に出題されているので、9問全問正解できた内容だったかと思います。

問4回帰分析からの出題
6問出題されましたが、幾度となく過去に出題されていたので、いずれも基本知識ですべて正解できる内容でした。
相関係数r=Sxy/√Sx*Sy
寄与度=rの2乗
回帰式 y=a+bx とすると b=Sxy/Sx  a=yの平均値ーb*xの平均値
この回帰分析問題も、分散分析用の作り方、回帰式の求め方等をセミナーで説明し、練習問題もやりましたので、参加された方は、サービス問題だったかと。

問5実験計画法で8問
二元配置実験の分散分析表の穴埋め問題でした。
これも過去問を勉強していれば基本知識だけで解ける問題でした。
Sa=74830/8−472*472/24
Sb=55778/6−472*472/24
セミナーでは、具体的な数値を挙げて、級間平方和の求め方をやりましたので、大丈夫と思う次第です。

問6計量規準型一回抜き取り検査からの出題
初見の問題でしたが、内容は平易な問題でしたね。
2級セミナーでも、OC曲線の見方として、α、βの説明しましたし、計数規準型一回抜き取り検査表の見方もやりましたので、なんなくクリアーされたと信じています。

問7新QC7つ道具から4問
設問ぐ奮阿3問できればOKとしましょう。

今回は、頻出科目である、検定・推定からの出題はありませんでした。なんか拍子抜けした感が否めません。
総じて、基本知識を取得していれば、合格基準をクリアーできた内容だったかと思います。
社会人の方は、合格にこだわった勉強が大事かと思いますが。




山田ジョージ at 21:00|Permalink

2017年09月02日

試験を受けるみなさんへ!!

いよいよ明日9月3日になりました。
勝つか負けるかわからないが、勝負の時は一人でとことん戦うしかありません。

この試験は定員枠が決まっていなく、他人は全く関係ありませんので、
強い気持ちで、持てる力の全てを試験の解答用紙に出し尽くしてください。
そして最後の最後まで1点に執着してください。このこだわりが合格を左右します。

試験前日チェックリスト(忘れ物はありませんか?)
・受験票
・シャープペン、鉛筆(鉛筆はBがお勧め)
・鉛筆削り
・定規
・消しゴム
・電卓(ルートの計算ができるものか再度確認してください
時計(意外と忘れる人が多いので注意しましょう)

●試験場での注意事項
・計算問題は、必ずわかる問題から。最初につまずくと、あせりにつながり、冷静さを失う可能性が大です。

・解答は直接マークシート記入する。
(一度問題用紙に解答を書いて、そして再度解答用紙に記入しないことです。ムダなことは止める。記入ミスが考えられます。)

解る問題から解いていくことです。解らない問題に、多くの時間を費やしたので、残りの問題が時間が無くて失敗したケースもあります。実践分野から解かれることをおススメします。

・うら覚えで記憶している項目は、試験開始時に問題用紙に書いてしまう。不安なことは最初にすっきりさせることです。開始前まで知識の確認をしてください。

みなさんの合格をお祈りしております。




山田ジョージ at 13:11|Permalink

2017年08月28日

9月3日に試験を受ける方へ

もうすぐ、試験ですね。
準備は万全だという方はごく稀で、受験生の多くが準備不足を感じているのではないでしょうか。

この試験は70点取れば合格できますので,満点取ろうなんてことは思わないことが肝心です。
仮に100問題数出題されるとすると30問題数の間違いは許される試験です。

わからない問題は必ずありますので、だから、わかる問題で70点を超えて行こうとする気持ちが重要です。

そのためには問題全体を最初に見極め、初見の問題は飛ばして、できる問題から取り組んでください。
その際にはマークシートのずれだけは要注意してください。


また、分からない問題に対しても、なんとか2択まで持ち込む執着心が大事です。
最近の傾向として、問題文が長文化していますので、時間配分に留意し取り組んでください。

ファイト

https://www.youtube.com/watch?v=-adJsTa2mjg





山田ジョージ at 15:47|Permalink