2017年10月28日

動画講座で全体を知ることがスタート!!

QC検定に限らず、何らかの試験を受けるに当たって先ずは、全体をざっくりと把握することがスタートです。
試験場では、大まかな基本的な知識を習得していれば、設問に該当しない選択肢が排除でき、正解と思われる選択肢が2つ3つに絞れる可能性が大きいからです。
また、最初から全て理解しようとする、いわゆる完璧主義的な勉強方法では、挫折する可能性が高くなってきます。みなさんも過去にそう言った経験をされたと思いますが。
この全体を把握するツールとして「動画」があります。

◆QC検定動画講座のメリット◆
・スマホにも対応(2017年11月から)しますので繰り返し、場所を選ばず勉強できます。
・QC検定セミナーの1/10以下の料金で、繰り返し学習できます。
・教材を見て+聞いて学習するために理解度が高まります。
・理解できない点は、24hr以内に回答しております。

◆こんな貴方にピッタリのコースです◆
・計算問題が苦手で、一人悩んでいた貴方
・QC特有の語句の読み方さえ知らなく、恥かしくて人に聞かなかったあなた
・過去に、不合格となってくやしい思いをした貴方

◆2級動画講座内容◆
【1】検定
【2】実験計画法
【3】基本統計量
【4】管理図
【5】サンプリングと検査
【6】新QC7つ道具

◇3級動画講座内容◇
【1】「データの取り方・まとめ方」
【2】「QC7つ道具の活用」
【3】「新QC7つ道具とは」
【4】「検査」
【5】「相関分析」
【6】「確率分布」

詳細は
http://korosuke09.seesaa.net/?1417341355

<参考>
◆QC検定動画講座VS他QC検定セミナー比較◆
動画




山田ジョージ at 16:35|Permalink

2017年10月08日

2017年9月web合格発表で2級合格のIさん

9月(24回)のQC検定試験で2級に合格されたIさんよりメールをいただきましたので紹介します。Iさんは、8月の2級受験対策セミナーに近畿地域から参加された方です。
--------------------------------------------------------------------------
今年8月、QC検定2級受験対策講習(以下、セミナー)に参加させて頂きましたIです。昨日、日本規格協会のホームページで公表されたWEB合格発表において、自分の受験番号を検索した所、「合格」であることを確認しました。これで、晴れて合格確定となります。

思い出せば2ヵ月前、セミナー受講前は参考書を見てもさっぱり理解できず、過去問題集を解いてみるが、さっぱり解答できない状態でしたが、セミナー受講後は、合格への方向性が見えてきて、試験当日までの2週間でベストを尽くすことができました。

正直、今回の試験は準備万端で臨んだ試験ではありませんでした。セミナーでもお話しされていましたが、時間配分としては、「品質管理の実践」を30分(10:30〜11:00)、「品質管理の手法」を60分(11:00〜12:00)を目標に時間いっぱいまで粘り強く取り組みました。

実際は、「品質管理の実践」を20分程度、「品質管理の手法」を55分程度で時間は少し余る形となりました。「品質管理の実践」は長文化の傾向があるので、全部は読まず、解答に際して関連のある文章を読み解くようにしました。(全部読むのがいいのでしょうが、時間が足りない状況が予測されるので、そうしました。)

今回は、○×問題が13問あったので、最近の傾向としては、若干違う感じがしましたが、50%の確率で正答できると考えるとラッキーな問題だったと感じました。(ここは全問パーフェクト)

「品質管理の手法」は、問2のnp管理図の出題に少し戸惑い、最後の最後まで解答に悩みました。最悪、この設問を落としても、他の設問で点数を取ればよいと前向きにとらえ、他の設問に時間を割き、最後の15分で熟慮の上、カンでもマークシートを埋めるようにしました。(結果は8問中2問正解、6問不正解でした。)

問題の後ろにある付表を見て、正規分布表と抜取検査表しかないことにも驚きました。検定・推定の設問がない(過去問題では必ずといっていいほど出題されるはず)のかと思い、改めて確認すると一つもないことに気づきました。今回は、過去にはない若干違うタッチで出題されていると感じました。(出題者が今までとは違うのか? よく分かりませんが・・・。)

そのためか、今回の合格率が36.38%(前回21.05%)と15.33%アップしています。なので、平均点が上がったのかなと感じました。というのも、会社の後輩が自己採点で71%(「品質管理の手法」59%、「品質管理の実践」83%)だったそうですが、WEB合格発表で確認した所、不合格だったとのこと。合格基準には達しているようなのですが、概ね70%というのがネックになっているようです。(ひょっとしたら、本人のマークミスもあるかもしれないので、なんとも言えません・・・。)

セミナーで、基本知識で合格基準に達することを話しされていたこと、また、2級挑戦一回で合格することができました。はるばる富山まで行った甲斐があり、感謝しております!ありがとうございました。
---------------------------------------------------------------






山田ジョージ at 08:24|Permalink

2017年09月29日

2017年9月2級試験(実践分野:問8~問16)

今回は2017年の9月に実施された2級試験実践分野(問8~問16)について解説します。
この分野からは49問出題されました。
手法分野では48問だったので、合計97問題数となり、
合格基準が70%以上であるので、97*0.7=67.9となってしまい、分かりやすさと透明性からも、何故100問にしないのかと思う次第です。

また、実際の試験場では、まず実践分野から手掛けていくことを薦めます。その実践分野の中でも、秒殺的に解答できる、○、×問題から取り掛かることがベストかと。
具体的には
問11、15、16です。
その理由は、QCの知識がなくても、文章的に不自然と判断できるものがあるからです。以下その設問です。

×になる例として、
問15の,任蓮嵒ず~なくてはならい。」のような断定的な文章

○になる例として
問15のイ任蓮~場合がある」といったように、広義に記述されている文章

さらに、
問8は「検査」からの出題で
設問NO50は後の語句から正解は判断可能だったかと。”契約”が正解に選ばられる語句とは、違和感を感じましたね。

問13は標準からで5問
選択肢は複数回用いてもよいとなっていたので注意が必要でした。

問16
「三方よし」「企業は社会の公器」などの語句は参考程度でok。

今回の実践分野の難易度は、基本知識を取得していれば、合格基準をクリアーできた内容だったかと思います。社会人の方は、合格にこだわった受験対策で合格を勝ち取ってください。



山田ジョージ at 05:52|Permalink QC検定2級 

2017年09月06日

2017年9月2級試験(手法編)

今回は2017年の9月に実施された2級試験手法分野について解説します。
この分野からは48問出題されました。

問1は確率分布からの出題
‘鷙猜布、▲櫂▲愁麒布からの出題でした。初見の問題でしたが、与えられた数値を代入すれば、答えが算出できる問題でした。は正規分布からの出題で、巻末の正規分布表を使用するといったおきまりの内容でした。よって7問全問正解すべき内容でした。
二項分布、ポアソン分布については、同じような問題を、2級セミナーでやりましたのでセミナーに参加された皆さんは違和感なく取り組めたと思っています。
もちろん、正規分布表から面積(確率)を求める問題もやっております。
2級セミナーとは、8月19日20日に行ったセミナーを指しています。

問2は計数値の管理図からの出題
np管理図は初見の問題でした。
np管理図のUCL、LCLの求める式まで勉強していた人は少ないのでは?
受験テクニックとしては
CLがnpバーが解れば、数値を代入すると、選択肢ケ、コが該当しないことが判明するので
ウとエが選ぶことができたものですが、いかんせん、試験場の独特の雰囲気では難しかった?
3問正解できれば良しとしましょう。
合格には影響のない問題か思う次第です。

問3はサンプリングから9問の出題
い僚戸逎汽鵐廛螢鵐阿瞭団А壁分母集団内のばらつきは大きく)は過去に出題されているので、9問全問正解できた内容だったかと思います。

問4回帰分析からの出題
6問出題されましたが、幾度となく過去に出題されていたので、いずれも基本知識ですべて正解できる内容でした。
相関係数r=Sxy/√Sx*Sy
寄与度=rの2乗
回帰式 y=a+bx とすると b=Sxy/Sx  a=yの平均値ーb*xの平均値
この回帰分析問題も、分散分析用の作り方、回帰式の求め方等をセミナーで説明し、練習問題もやりましたので、参加された方は、サービス問題だったかと。

問5実験計画法で8問
二元配置実験の分散分析表の穴埋め問題でした。
これも過去問を勉強していれば基本知識だけで解ける問題でした。
Sa=74830/8−472*472/24
Sb=55778/6−472*472/24
セミナーでは、具体的な数値を挙げて、級間平方和の求め方をやりましたので、大丈夫と思う次第です。

問6計量規準型一回抜き取り検査からの出題
初見の問題でしたが、内容は平易な問題でしたね。
2級セミナーでも、OC曲線の見方として、α、βの説明しましたし、計数規準型一回抜き取り検査表の見方もやりましたので、なんなくクリアーされたと信じています。

問7新QC7つ道具から4問
設問ぐ奮阿3問できればOKとしましょう。

今回は、頻出科目である、検定・推定からの出題はありませんでした。なんか拍子抜けした感が否めません。
総じて、基本知識を取得していれば、合格基準をクリアーできた内容だったかと思います。
社会人の方は、合格にこだわった勉強が大事かと思いますが。




山田ジョージ at 21:00|Permalink