2018年09月29日

2018年9月2級試験は難しかった!!(その1)

9月2日に実施されましたQC検定2級の手法分野の試験問題をみますと、試験委員が変わったのか?と思うくらい、これまでの試験で問われていた頻出内容が出題されませんでした。
過去問中心の受験対策では、ざっくりと手法分野では約30問正解(正答率約60%)できればOKだと思うくらい難易度が高かったと思います。

総じて、試験時間90分でこの内容の問題を合格基準70%以上とることはかなりハードルが高く、合格のボーダーラインは調整はされるとは思いますが、これまでの中で、最低の合格率となるのではないかと思う次第?

第1問では、「母平均の違いの検定、母分散の検定」からの出題。分散の検定はなんなく正解できたと思いますが、データに対応がある場合の検定、ない場合の検定に関しては、前回の3月の試験で出題されていましたので、ここをきっちり復習した方は正解できたと思いますが、受験対策をしてこなかった人は、持っている基本的な知識でなんとか類推し、各設問の選択肢を2つに絞り込んで、正答確率を高めていきたい内容。

3月の解説書は下記から
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2608695.html

ただ、「平均値の差の検定」は1級レベルの問題と認識していましたが、ここまで手を広げて受験対策をとらないといけないレベルになったのかと思う次第です。、
また、初見で「ウエルチの検定」が出題されています。

第2問は、ポアソン分布に関する問題で5問出題。
以前のポアソン分布の問題だと、式が与えられ、数値を代入することで、正解を導き出せましたが、今回はポアソン分布を表す式まで問う内容でしたので難易度が高まりました。
ポアソン分布の一般式は下記の通り表されます。
Pr(X)=e・λk/k! (Xk=0,1,2,…)
今回の試験問題では
λ:0.625、k:0となります。
ここでλの0乗=1、k!(!:階乗を表します)=1となることを数学的知識として知っている必要があります。
ただ、eとは何か?について、社会人で受験する方は深みにはまらないよう気を付けてください。

第3問では、,任漏領分布の一般式を問う問題で難易度が高い内容。2級試験では初見の「共分散」の語句が出題されました。共分散とは、二変量の関係の強さを表す尺度の一つで、それぞれの偏差の積の平均。なので変数X、Yがお互いに独立=無相関なので、0となります。は分散の加法性を問う内容で、これまでの頻出項目で、間違えてはいけない問題でした。

次回は4問以降についてコメントします。




山田ジョージ at 05:10|Permalink QC検定2級 

2018年08月18日

2級直前対策セミナー

9月の試験まで後2週間となってきました。
今度受験される皆さんの中で、準備万全で計画通りの進捗の方は少ないと思われます。
そのような不安がある人に対して、2級セミナーの開催案内です。

悶々と一人で計算問題を苦手し、なかなか勉強が前に進まない貴方。参加しませんか?
まだ、席に余裕がありますので、是非参加ください。

参加してほしい人
    ・2018年9月2日にQC検定2級を受験しようとする人
    ・手法分野(特に検定、実験計画法)を苦手としている方
    ・これまで2級試験で不合格となった人

セミナーでの到達目標
    ・手法分野での頻出項目を完璧にマスターする。
    ・わからない問題でも選択肢を5択→3択→2択を絞り込むテクニックを体得する。

http://qcseminar0207.seesaa.net//




山田ジョージ at 07:28|Permalink QC検定2級 

2018年07月30日

トータルとしての得点に執着する

合格するためには、1点に執着することの重要性について、これまで書いてきましたが、1点に執着するのと1問に執着するのは大きく異なりますのでご注意が必要です。

試験は時間が限られていますので、わからない1問に時間を使ってしまって、正解にたどり着けたはずの2問が時間切れになって、取り組むことが出来なかった。とすればトータルの点数としては下がってしまい、後悔が残ります。
具体的には、3月の2級試験では第1問が該当します。この問題を理解するのに時間をかけすぎて、次の問題をやる時間が足りなかった人はいるのではないでしょうか?
試験は1問目からやる必要はない訳ですので、完全に正解できそうな問題から手を付けるべきで、この見極めが大事です。
最初の1問がスンナリと解ければ、精神的な余裕も生まれ、以後、落ち着いて取り組むことが出来ます。

どの問題の優先順位を上げるか、場合によっては「解かない問題」を作るかどうかの選択も含めて、試験時間全部を使って1点でも多く点を取れるように全力を尽くすという戦略を持つことが重要です。

後1か月となりましたが、試験前の1週間にセミナーをやります。
・手法分野での頻出項目を完璧にマスターする。
・わからない問題でも選択肢を5択→3択→2択を絞り込むテクニックを体得する。
以上、テキスト、過去問で説明しますので、準備不足で不安のある方は是非参加ください。
http://qcseminar0207.seesaa.net//





山田ジョージ at 17:04|Permalink QC検定2級 

2018年05月29日

第25回(3月18日実施)の3級試験の考察(手法分野)

3月18日に実施されました3級試験の手法分野について解説をします。
手法分野からは51問題数でした。基本的な知識を勉強していれば80%は得点できる内容でした。

第1問は”サンプリング”から4問出題されました。○、×問題で、いずれの設問も平易な内容でしたので4問全問正解したい問題でした。

第2問は,”基本統計量”、△”正規分布”からの問題でした。平均、中央値、範囲、不偏分散を求める設問の4問全問正解したい問題でしたね。

第3問は”確率分布”からの問題でした。二項分布に関する内容でしたので、ここまで勉強している人は少ないと思われますので、2から3問正解できれば良しとする問題だったかと。

第3問はxバーR管理図からの出題でした。
UCL、LCLを求める問題は、過去の頻出項目であるのでミスしてはいけない問題でした。

第5問は"QC7つ道具"からの出題でした。いずれの設問も平易な内容でしたので5問全問正解したい問題でした。

第5問は"相関分析"からの出題でした。相関係数を求める式を知っていない人は2問間違えた内容でしたが、後の4問はミスが許されない問題でした。

第7問は”パレート図”から8問出題されましたが、文章問題形式だったので、実践分野かと思いましたが、協会発表では手法分野からの出題でした。いずれの設問も平易な内容でしたので8問全問正解できる問題でした。

第8問は"チェックシート"からのから4問出題されました。いずれの設問も平易な内容でしたので4問全問正解すべき問題でした。

第8問は"新QC7つ道具"からの出題でした。6問出題されましたが、各手法のkeyワードを知っていれば全問正解できた内容です。



山田ジョージ at 06:06|Permalink QC検定3級