2007年10月24日

QC検定合格通知は26日発送

今日はいい天気でした。

コメントで問い合わせがありましたが、1級はやはり
「実験計画法」「回帰分析」がポイントであると思います。

直交表の問題は必ず出題されています。
1回目の直交表の試験問題はやさしかったですね。
穴埋め問題で、分散分析表そのものでした。

当時は、この検定資格が存在しているのを知らなかったので
受験しようもありませんでした。

こんな程度の問題と軽く考えていたら、ちょっと甘かったです。

私の使ったテキストは、前にも書いたと思いますが
朝倉書店発行の「実験計画法の基礎」です。

このテキストの練習問題と類似した問題が過去出てましたよ。
今回は出ていませんでしたが。

いずれにせよ、分散分析が理解できてないと、前に進むことが
厳しいと思います。




山田ジョージ at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) QC検定試験全般 

2007年10月16日

QC検定1級合格しました。

昨日、日本規格協会から9月9日に実施されました、QC検定の結果
が発表されました。
ありました。ありました。私の受験番号がありました。

うれしかったです。33年前に大学に合格した時に、味わった
受験番号探しでの喜びです。
昨年から、継続してチャレンジしてきてよかったです。
このような年齢になって、うれしさも倍増です。

合格証書は、10月下旬に発送されるそうですので、
届きましたら、写真を撮って、このブログでお披露目しますよ。

一般の問題は76%解けたので、自信は多少あったのですが、
論述式が少し不安でした。
手書きの字がきれいでないのでね。

この自信は、次の目標達成への、いい励みとなりました。

とりあえず、結果報告と喜びの気持ちまで。






山田ジョージ at 05:14|PermalinkComments(7)TrackBack(0) QC検定試験全般 

2007年09月23日

めるまが登録を貼り付けました

昨日の土曜日は仕事でした。
やっぱり、土曜日は道は空いていました。
少しの渋滞もなく、スムーズでした。

土曜日は、営業からの電話も無く、静かな
一日でした。

ところで、めるまがを登録画面を横に
つけましたので、良かったら登録して下さい。

ブログにはりつけることが、
初めての試みで、ちょっとトラブリましたが
なんとか、出来ることができました。






山田ジョージ at 05:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) QC検定試験全般 

2007年09月19日

QC検定1級の準備

日本規格協会のホームページでQC検定を入っていくと
QC検定対応セミナーが項目としてあります。

その中で規格協会主催のQC検定1級試験対応セミナーは
5ヶ月のロングランで、延べ日数は22日間、金額は35万とあります。

それ程、範囲が広いと言うことが出来ます。
ある訪問者の方からも、どのような勉強をしていけばよいのか
と言った質問もコメントでありました。

私は、この1級の合否は実験計画法を制するのことが、
ポイントと考えます。
実験計画を理解していく上では、分散分析を理解している
ことが不可欠になってきます。

今回は問9、問10で合計11問、実験計画問題が提出されました。
私は、9問正解(自己採点)したと思っています。
私の使っているテキストは「実験計画法の基礎」
朝倉書店の本を活用しました。
これは、20年前に勉強した本でした。
今さら、20年前のことを勉強するとは、思いも
よりませんでした。

過去2回の1級問題で、このテキストの例題と似たような
問題も出題されておりますので、これから1級を受けようと
される方は、参考にしていただければ、幸甚であります。
また、何か疑問・質問等あれば、解る範囲内(当たり前ですが)で
お答えしたいと思っています。




山田ジョージ at 18:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0) QC検定1級 | 効率的勉強方法