2007年12月06日

第4回QC検定結果の講評

標準化と品質管理の12月号をみましたら、9月に実施された第4回QC検定試験の結果と講評がコメントされていました。

受験者総数は約15、000名で、3月の第3回QC検定と比べ5、000名の増加
で50%アップとなったそうです。

1級については、前回より1.3ポイント低い16.1%の合格率であった。
不合格者は、手法分野で50%の得点に達しなかった受験者は410名を上回り
不合格者のうち7割以上にのぼっているとのことである。

この手法分野は、回帰分析の問題は正答率が半分以下がほとんどで、
母回帰の推定式では正解が2割程度しかなかった。

実験計画の問題で、誤差の自由度を求める問では、2割強の正解率であった。

直交表についての講評はされていなかったことが残念であったが。

2級については、合格率は前回とほぼ同じ64%であった。総合点では合格基準に
達しているが、手法分野が50%に満たないことで不合格となった受験生が66名に
のぼっているとのことである。
2級の合否を左右するのは、品質管理の手法と言っても過言でないとコメント
されていました。

やはり、手法計算問題(相関・回帰、実験計画法、直交表)は必須にやらないと
ダメというこがデータで裏付けされましたね。

受験生の皆さん、毎日少しずつやっていきましょう。




山田ジョージ at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) QC検定試験全般 

2007年12月02日

QC検定センターから

QCセンターから郵便物が届いていました。

先日申し込みました、「QC検定1級合格証明カード」と思って開封しましたが、

中身は「日本品質管理学会」の入会の案内パンフレットとQC検定の案内でした。

学会といったら、以前設備管理学会に入会はしておりました。

これは会社がTPM活動を導入した時に、入会したものでありましたので、

ただ単に入っているだけでした。

今回の品質管理学会も、あまり積極的な気持ちにはなれないところです。

期待の証明書カードはいつくるのかな。





山田ジョージ at 06:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) QC検定試験全般 

2007年11月22日

来年3月のQC検定を目指して

受験者のみなさん。 来年の3月23日に実施されるQC検定試験について、そろそろ 準備をしておいた方が良いと思われます。
 QC検定1級まで、チャレンジされる方は、計算問題をクリアーしていないと 合格できません。

1級は各分野(計算問題、記述問題、語句問題)での最低点数が決まっているようです。

2級の場合は全体で70%程取れば、合格できるみたいようです。

3級を合格して、最後の1級までチャレンジする方は、 計算問題を克服しないと、ダメみたいです。

 1級の計算問題の中でも特に 〜蟯悄Σ鶺∧析、⊆存碍弉菲 ↓D掌鯢修ら 過去4回毎回出題されております。
今回は相関・回帰分析ですが、 その基本として、まず、平方和を理解して下さい。 全体のバラツキの大きさを表すものであります。

 平方和 Sxx=∑x2ー(∑x)*2/n が基本式です。 2は2乗。nは資料数を表しています。 すなはち、各データの2乗を加え合わせたものから、データの和の2乗を データの数で割ったものを引けばよいことになります。
ここで(∑x)*2/n を修正項と言います。

また、平方和はエクセル関数DEVSQで一発で算出されます。 QC検定試験では、手計算でやらないとダメですから、覚えてないと 前に進みません。
例えば データが 3,4,5,6,7とあれば Sxx=(9+16+25+36+49)−(25*25)/5=10 となりますね。

 これを覚えていれば、相関と単回帰分析は大丈夫? 同様に Syy=∑y2ー(∑y)*2/n Sxy=∑x*yー(∑x)*(∑y)/n となります。
 相関係数Rは R=Sxy/√Sxx*√Syy この式も覚えて下さいね。
 ちょっと話は横道にそれますが、この相関係数は役立つ指標です。
その例として株売買等のツールとして使用されています。 簡単に言うと、相関係数の高い会社2社を選んだとします。おのおのその株価 が違うのですから、その差額をカラ売りと言った手法を用いて運用されている 方もおられます。
 私の浅い知識では、「システム(ペア?)トレード」「さやとり」 と言ったものです。
 良かったら下記の事例がありますので参考に。 http://tinyurl.com/3xdtjh 折角統計的な考え方を学ぶのですから、何かの役立つ用考えるのも一つの モチベーションにもなると思います。



山田ジョージ at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) QC検定2級 | QC検定1級

2007年11月13日

QC検定認定カード

今日、日本規格協会のHPを見ていましたら、合格者に対して

「QC検定認定カード」を発行してくれることが解りました。

もちろん有料です。1890円。

インターネットで振込みできないかと問い合わせをしましたが、

団体の場合は出来るが、個人はできないそうです。

郵便局へ行って、早速申し込んできました。

QC検定受験した時の写真を使用すると言うことなので

精一杯の笑顔で写っているので出来上がりが楽しみです。(笑い)

それと、先日、定年を迎えるにあたってのセミナーがありました。

これは55歳になった人が対象となるものです。

内容は、退職金、年金、退職後のいきがいづくり等のおはなしでした。

改めて、「年金」と「退職金」の少ないことを再認識しました。

60歳を過ぎても、今の会社で働くのもちょっと考えますので、このQC検定1級の

資格が役に立たないかなあと思いました。(甘いか??)

年金については、60歳から支給されますから、私どもの年代はまだ良いほうです。

今50歳以下の方は、65歳からでないと、支給されないから大変だと思います。

老婆心ながら、マネープランを考えておいたほうが良いと思いますよ。

ちょっと横道にそれましたが。失礼。




山田ジョージ at 19:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0) QC検定試験全般