2019年03月13日

3月24日の試験に、これまで計画通り勉強ができてこなかった人へ。

3月24日に試験まで後12日となりました。
受験生の中で、日々仕事で頑張ってこられ、これまで計画通り勉強ができてこなかった人へ。

「合格基準の70%ぎりぎり超えで合格」こそが、応援したい人たちです。

「試験直前、1週間前、3日前に合格基準までに到達する」のです。

今日、3月13日の時点で「受かりそうにない・・」と思っていても、まだまだ大丈夫です。

・ここでがんばらないと、いつがんばるのか?

・ここであがかずに、いつあがくのか?

のスタンスで行きましょう。諦めるは後回しの気持ちを持ってください。

 

尚、常に頭においていただきたいのは「確率を1%でも上げる」勉強をすることです。
具体的には、わからない問題でも、選択肢をあてずっぽうで、選ぶのでなく、3択→2択までふるい分けらるよう、基本知識を身に着けてください。

手法分野での計算問題でのいわゆる覚えるべき公式(基本知識)と言われているものは
2級では20個、3級では10個ぐらいです。
今からでも覚えることが出来るはずです。

100点を取る必要はありません。

そう思えば、少しは努力してみようと思えるのではないでしょうか。

 





山田ジョージ at 06:24|Permalink

2019年01月29日

年が明け、この時期になるるとよく来る問い合わせです。

年が開け、3月の試験日から逆算して、約2ヶ月前のこの時期になると次の様な質問がよくきます。

読者の方より
QC検定の効果的な学習法を探していてこのサイトにたどり着きました。
今度の3月の2級試験を受ける者ですが、期間的には、今から勉強してもまにあうものでしょうか?

結論から言うと
期間的に十分間に合います。ただ、社会人の勉強は、合格に徹することです。完璧(満点)を目指すことではありませんし、全部理解する気持ちを捨てることです。完璧を求めるあまり、少し解らないところがでてくると、勉強を途中で止めてしまうことになります。こうなると不合格へ一直線ですので、注意が必要です。

枝葉末節な細かい問題まで気配りせず、完璧を目指さない「ドライ勉強法」で合格を勝ち取ってください。


今からでも間に合います。
QC検定2級受験対策コース

QC検定3級受験対策コース

他にはマネのできない24hr以内に質問に対する回答をしていますので、安心してください!!






山田ジョージ at 09:02|Permalink

2018年12月27日

2級受験対策セミナー(3月3日)の案内

3月3日に2級受験対策セミナーを企画しましたので、参加ください。

参加してほしい人◇
    ・2019年3月24日のQC検定2級を受験しようとする人
    ・手法分野を苦手としている方で勉強がはかどっていない人
    ・これまで、2級試験で不合格となった人

◇セミナーでの到達目標◇
    ・手法分野で70%以上が得点できるレベル
     以上を目指します。

◇セミナー開催について◇
    ・2級試験の合格の壁となっている手法分野の克服。

◇セミナー実施日時◇
    ・2019年3月3日(日曜日)

◇セミナー会場◇
    ・富山県富山市にて選定中(後日申込者に連絡します)
    
◇スケジュール(9:30〜12:30)3時間◇
    ・基本統計量(統計量の求め方、母集団とサンプル)
    ・確率分布(正規分布、二項分布、ポアソン分布)
    ・検定(検定の考え方、平均値検定、分散検定)
    ・推定(母平均推定、母分散指定)
◇スケジュール(13:30〜16:30)3時間◇
    ・相関分析(相関係数)
    ・回帰分析(単回帰分析の手順)
    ・実験計画法(一元配置実験、二元配置実験)
   
◇参 加 費 ◇
    ・下記の申し込みよりお願いします。受付完了後、こちらからカリキュラム、テキスト、送金    先等のご連絡をさせて頂きます。
    ・受講料は10,000円(テキスト別)です。
    ・参加費は事前に銀行振り込みでお支払いください。
    ・参加証などは特に発行しておりません。当日受付でお名前をお伝えください。

◇注意事項◇
    ・講師の都合で、急遽とりやめになる場合があります。事前にご連絡致します。
    ・当日のお問合せは、参加者にご連絡いたします。
    ・会場へのお電話は、ご遠慮ください。
    ・最小定員は5名、満たない場合は中止とします。

◇お申し込み方法◇
    ・QC検定2級セミナー申し込み

◇Mailアドレス◇
    ・詳細についてはお気軽にメールでお問い合わせください。
    ・info@qckentei.jp

◇キャンセルについて◇
    ・入金の確認がとれない場合はキャンセルとさせていただきます。





山田ジョージ at 09:07|Permalink QC検定2級 

2018年11月07日

選択肢を絞り込むには、問題文をよく読むこと!

2018年9月の2級試験問1は検定からの出題で、選択肢の中には初見の語句「ウエルチの検定」があり、受験者の皆さんは戸惑われことと思われます。
ここは平常心で下記の基本知識で対応可能な内容でした。

最低限の基本知識はt検定量 です。
t=(xbar−μ)/(√V/√n)
を知っていることです。

設問は~い泙任△蝓8つの選択肢から4つを選ぶものです。
∧貶散の違い?を問う問題で、統計量 キ:VA/VBを。
ここは秒殺的に正解すべきもんだいです。
ク:VA−VBを選んで回答した人は、かなりの勉強が必要です。

試験片20個、計測法Aで15個、計測法B。母分散A、Bは異なるとの題意より
選択肢オ、の正解を選ぶことができます。

せ邯格20個、それぞれの計測法で10個、計測法B。母分散は同じとの題意より
選択肢エの正解を選ぶことができます。

〇邯格10個、2つの計測法との題意より
選択肢ア、の正解を選ぶことができます。

「平均値の差」の検定まで、十分試験対策をとってきた人は少ないと思われますので、なんとか今持っている知識で、正解する執着心が必要です。
今回の問1の問題では、検定統計量選択肢で,魯△肇きオとカぅΔ肇┐2択(確率50%)に絞ることができます。
実際の試験場で合否を分けるのは、鉛筆を転がして、運を天に任せて選択肢を選ぶか。それとも、何とか選択肢を3択→2択まで絞り込む「あがく」かによって合否が分かれます。




山田ジョージ at 07:14|Permalink QC検定2級