2020年01月19日

2級試験を一発で合格するセミナーの案内

3月15日にQC検定2級試験を受験する方を対象に
3月1日(日曜日)に2級受験対策セミナーを企画しましたので、参加ください。

◇参加してほしい人◇
    ・2020年3月15日のQC検定2級を受験しようとする人
    ・手法分野を苦手としている方で勉強がはかどっていない人
    ・これまで、2級試験で不合格となった人

◇セミナーでの到達目標◇
    ・手法分野で70%以上が得点できるレベル
     以上を目指します。

◇セミナー開催について◇
    ・2級試験の合格の壁となっている手法分野の克服。

◇セミナー実施日時◇
    ・2020年3月1日(日曜日)

◇セミナー会場◇
    ・富山県富山市にて選定中(後日申込者に連絡します)
    
◇スケジュール(9:30〜12:30)3時間◇
    ・基本統計量(統計量の求め方、母集団とサンプル)
    ・確率分布(正規分布、二項分布、ポアソン分布)
    ・検定(検定の考え方、平均値検定、分散検定)
    ・推定(母平均推定、母分散指定)
◇スケジュール(13:30〜16:30)3時間◇
    ・相関分析(相関係数)
    ・回帰分析(単回帰分析の手順)
    ・実験計画法(一元配置実験、二元配置実験)
   
◇参 加 費 ◇
    ・下記の申し込みよりお願いします。受付完了後、
           こちらからカリキュラム、テキスト、送金 先等のご連絡をさせて頂きます。
    ・受講料は10,000円(テキスト別)です。
    ・参加費は事前に銀行振り込みでお支払いください。
    ・参加証などは特に発行しておりません。当日受付でお名前をお伝えください。

◇注意事項◇
    ・講師の都合で、急遽とりやめになる場合があります。事前にご連絡致します。
    ・当日のお問合せは、参加者にご連絡いたします。
    ・会場へのお電話は、ご遠慮ください。
    ・最小定員は5名、満たない場合は中止とします。

◇お申し込み方法◇
    ・QC検定2級セミナー申し込み

◇Mailアドレス◇
    ・詳細についてはお気軽にメールでお問い合わせください。
    ・info@qckentei.jp

◇キャンセルについて◇
    ・入金の確認がとれない場合はキャンセルとさせていただきます。


◇昨年の9月のセミナーに参加した人からの合格の声◇
石川県から参加のYさん
富山でのQC検定2級対策講座では、大変お世話になりました。
今朝web発表で確認したところ、おかげさまで合格出来たようです。
ありがとうございます。
天候不順のおり、どうかご自愛下さい。益々のご活躍を期待しております。




山田ジョージ at 11:05|Permalink QC検定2級 

2020年01月03日

試験前のこの時期によく来る問い合わせです。

この時期になると下記ような問い合わせが届きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月に2級試験を受験する者ですが、
市販の問題集を購入し、QC検定2級の勉強を始めたのですが、計算問題でつまづき、前に進むことが出来ない状況です。
私、高校時代は数学は苦手であったため、大学は文系で数学とは無縁でした。
QC検定2級試験は、統計学の入門書を勉強すれば、2級レベルはOK!と言う様なコメントをネットで多く見られたので、早速統計学の入門書を買ってみましたが、それすら良く分かりません。
そのような人間が、効率的に計算問題を合格レベルまで持って行ける、お勧めの学習方法を教えて下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合格するためのポイントは、各科目途中でわからない箇所が出てきても、最後まで「一気通貫」でやられることをおすすめします 。
先ずは、科目全体を俯瞰することが大事です。
例えば、「検定」の科目が解らなくても、ここで立ち止まらず、「実験計画法」の科目を勉強することです。手法分野全体で50%以上とればよいのです。
最後まであきらめず、始めた勉強を止めないことが
合格への王道です。




山田ジョージ at 15:19|Permalink QC検定2級 

2019年11月20日

2019年9月2級試験実践分野の解説

今回は2019年の9月に実施された2級試験実践分野(問9~問16)について解説します。
この分野からは50問出題されました。
手法分野では48問だったので、合計98問題数となり、今回も、100問に届かず、毎回不思議に思う次第で、また、点数配分が明記されていないので、何か意図的なことでもあるのでしょうか?依然としてすっきりしませんね。

実際の試験場では、まず実践分野から手掛けていくことを薦めています。
この分野で時間をかけてしまうと、手法分野で時間が足りなくなる恐れもあるので、今回は○、×問題が出題されませんでしたが、秒殺的に解答できる、○、×問題から取り掛かることがベストかと思います。
時間配分の目安は:実践分野30分、手法分野60分でしょうか?

総じて、今回の実践分野は手法分野同様に難易度も高くなく、基本知識を習得していれば、80%以上正解できた内容だったかと思います。
では、今回出題された問題を個別に見ていきましょう。

問9は品質の考え方からの出題。
7問中、6問正解できれば良しとする内容。
人と品質管理との結びつきは受験対策として必要ないと思う次第。

問10は工程の管理からの4問題数の出題
手法分野の内容でも違和感がない管理図からの出題であったが、4問全問正解すべき内容。

問11は検査・測定からの4問の出題。
「校正」の語句は少し難しかったかと。?3問正解したい内容。

問12は長文問題
8問中、5~6問正解できた内容だったかと。。

問13は方針管理と機能別管理から出題
5問中全問5問正解したい内容。

問14は標準化からの出題
8問中、いずれの設問も平易な内容だったので全問正解すべき問題だったかと。

問15品質教育からの9問題の出題
9問中8問正解したい内容。

問16は市場調査から商品企画段階までの出題
3問正解できればOKとすべき、「コンジョイント分析」の語句など難しい内容。

長文化してきている実践分野の受験対策は、過去問を繰り返し読むことをおススメします。慣れることです。そして、穴埋めに当てはまる語句のkeyワード(ヒント)を身に着けることです。
このような観点から過去に出題された選択肢語句の中で比較的難易度高い語句に対して
スマホ対応の2級Xコースでは、実践分野の問題数(設問数)を100問題数とし充実しました。
http://korosuketest.seesaa.net/

社会人の方は、合格にこだわった受験対策で合格を勝ち取ってください。
・お昼の休憩時間などのスキマ時間利用して繰り返し学習できます。
・電車での通勤時間を利用して効率的に学習できます。
・原則受講期間は4ヶ月ですが、今なら来年の3月の試験日まで受講できます。



山田ジョージ at 08:08|Permalink

2019年09月15日

2019年9月2級試験(手法分野)

今回は2019年の9月に実施された2級試験手法分野について解説します。
この分野からは48問出題されました。
過去に問われていた問題が出題されているので、難易度は普通レベルと判断します。
今回手法分野で70%届かなかった人は、基礎知識の習得を行う必要があります。
基礎知識の勉強には
2級eラーニング
オススメです。

問1は工程能力指数からの出題
5問出題されてましたが、いずれも設問は平易な内容でしたので5問正解すべき問題。

問2は検定からの出題
8問の設問が出題されているが、6問以上正解すべき内容だったかと。
正規分布、t分布のいずれかの分布であっても、検定統計量値は同じになるので、
検定統計量値=(77.1-75.2)/(7.03/√30)=1.9*30/7.03=1.9*5.477/7.03=1.480
棄却限界値は正規分布の1.960の値が選択肢にないのでt分布の自由度=29、α=0.10の1.699が正解。

問3は正規分布からの出題
限られた時間内では、2問正解できれば良しとするような問題。
Kp=1.22→P=0.1112
Kp=0.25→P=0.4013
P(0.25≦U≦1.22)=0.4013-0.1112=0.2901

Z=(x-20)/3=2.326 P=0.01→Kp=2.326より
x=26.978

Z=(110-100/σ=0.38 P=0.35→Kp≒0.38より
σ=26.31

問4はサンプリングからの出題
4問の出題。一見難しそうな問題でしたが、丁寧に計算していけば3問以上正解できた内容。
でも、計算が面倒くさい。電卓の精度を試す試験ではないと思うが。
P(2)=199/2*0.01/0.99*P(1)=0.27206
P(1)=200*0.01/0.99*P(0)=0.2707
P(0)=0.1340

問5は相関分析からの出題
〜蟯愀舷遙鬚魑瓩瓩訐潴4問は3級レベルの内容なので全問正解すべき内容。合格するには落としてはいけない問題。
¬義蟯悗慮…蠅3問中検定統計量toを求める設問はミスしてもいたしかたがない問題。合格に徹する勉強では、ここまで勉強する必要がないと思う次第。
to=r√(n-2)/√(1−rの2乗)=0.696*√14/√0.516=3.63
4麝仁─畫蟯愀舷瑤2乗

問6は実験計画法からの出題
.如璽燭旅渋ぜ阿2問は間違えても良しとする内容。しかし、正確な知識がなくても、設問30は選択肢アを選んでほしい内容。

分散分析表は下記のとおり
要因  平方和  自由度 平均平方  分散比
 A                  1    
 B                     3         
 E       12.0           11        1.09
計           15
 
↓2甬遒良兔亶猝椶任△襪里如3問全問正解したい内容。
有効反復係数=2*4*2/1+1+3=16/5

問7は新QC7つ道具からの出題
設問36、37、42の3問は正解すべき内容。
後の5問中3問できればOKとする内容。

問8は抜き取り検査からの出題
5問出題されているが、3問正解できれば良しとする問題でした。

ざっくりと上記観点から正解すべき、できそうな設問数は約37で正答率は37/48=77%となる。
合格するには、合格に徹することです。完璧(満点)を目指すことではありませんし、全部理解する気持ちを捨てることです。完璧を求めるあまり、少し解らないところがでてくると、勉強を途中で止めてしまうことになります。こうなると不合格へ一直線ですので、注意が必要です。

効率的な勉強ができます。今なら来年の3月の試験日までサポートします。

2級eラーニング



山田ジョージ at 05:42|Permalink QC検定2級